eラーニングとは?学習効果の増大に効果あり?導入のメリットやデメリットを徹底解説!

eラーニングとは?学習効果の増大に効果あり?導入のメリットやデメリットを徹底解説!
公開日: 最終更新日:

教育、学習の形態は、科学技術の進歩とともに、大きく変化してきました。一時代前は、集合型の教育、学習が主体でありましたが、今日では、「eラーニング」と呼ばれるパソコンやスマートフォン、タブレット等の情報端末を介して教育を受ける、学習するものが主体となっています。
ここでは、その「eラーニング」について、詳しく説明して行きます。

Contents

eラーニングとは?eラーニングの定義と普及状況

 

eラーニングはテクノロジーの発展とともにその形式、形態が移り変わっており、いくつもの定義があるようですが、一般的には、「CDやDVD、インターネットで発信された学習ツールを、テレビやパソコン、携帯端末を媒体として、教育、学習ならびに研修すること。」と解釈できます。
学習ツールとしてのeラーニングは、今日ではCDやDVDでなく、インターネットを軸とした情報通信技術を利用したクラウドサービスや動画配信が主流となってきています。
よって、現代における定義としては「eラーニングとは、情報通信媒体を利用した学習」とも言えるでしょう。
背景としてパソコンや携帯電話の普及、情報通信網の整備で注目され始め、急激に増えている学習方法のひとつということができるでしょう。

eラーニングによる効果とは?eラーニングで学習効果は増大する?

今までの学習法は、学校や研修施設で授業を受ける、あるいは自分でテキストを読んで自己学習することが主流でした。
学校や研修施設で授業を受ける場合、決められた場所、決められた時間に、不特定多数の人々と同時に受ける必要がありました。一定の目的を持った人々の中で、学習することによって、学習しなければならないと言う使命感と目的意識の醸成で、一定の成果期待できますが、時間的にも、金銭的にも、負担の大きいものでした。
また、eラーニング自体は以前からはありましたが、CDやDVDの視聴では、テキストを読む学習とさほど変わりはありませんでした。
最近のeラーニングは、コンピューターやタブレット等の通信機器の導入のために支出は必要なものの、場所や時間の制約なく簡単に学習できるメリットが大きいので、学習環境を整え、常に万全な状況で学習に取り組みやすくなっています。よって、各々の状況にあった学習環境を提供しながら、学習濃度を高め、教育効果を高めることができます。
特に企業で一括に導入する場合においては、初期投資の回収期間は学習の質に依存するため、教育効果を高めることのできるeラーニングは非常に良い選択肢となるでしょう。

eラーニングのメリットとデメリットを徹底比較!利点や効果、問題点まで!

 

近年のeラーニングは画一的な定義に収まらない程多様化しており、ものによってその特徴やメリット、デメリットも数多くあります。一方で、共通項としてeラーニングの特徴的な要素もあります。
そこで、eラーニングの特徴的なメリット、デメリットをまとめると以下のようになります。

 <メリット> 

・同一の時間、同一の場所に集まる必要はない。
・時間と場所を自由に選んで学習できる。
・自分のペースで学習に取り組むことができる。
・指導が効率的に行える。
・同じ授業を繰り返し行う必要がなくなる。

 <デメリット> 

・一人で学習するため、学習意欲を持続させることが難しい。
・PCやスマートフォン、タブレットなどのツールがないと学習できない。

eラーニングの最大のメリットは、いつでも、どこでも、自分のペースで学習ができるという時間的制約も、空間的制約も受けないことです。
新しいスキルを身につけなければならない場合でも、仕事に追われ、通勤時間などで時間も体力も消耗してしまいがちです。このような状況では改めて学びの時間を作りことは難しい状況です。そのような学習に伴う大きな問題をeラーニングは解決するための重要な手段となるでしょう。
一人で学習すると、「その場での質疑応答ができない。」、「人的交流ができない。」と考える人もいらっしゃるかと思います。しかし、現代の情報通信技術を用いたeラーニングツールにおいては、双方向的にコミュニケーションを取れる機能があるものがほとんどです。また、PCではなくスマホなどのインターネット通信のできるツールであれば、eラーニングを利用することは可能です。スマホの普及率を考えると、ほとんどの人は利用することが可能です。つまり、eラーニングのデメリットは現代においてはほぼ全て軽減されていると言っても過言ではないでしょう。

eラーニングの効果的な活用法とは?導入のメリットと課題も

eラーニングのメリットを活かして上手く活用すれば、従来の学習方法よりも効果的な学習ができるものと思います。
eラーニングは、基本的には個人で行う学習です。集団学習と異なり自分のペース進めることができますが、モチベーションの維持が難しく、だらけてしまうことや先延ばしにしてしまうこともあります。もし一緒に頑張ってくれる仲間がいて、問題を共有し、共に考えることができたなら、これら従来のeラーニングのデメリットを軽減することができると思います。
すなわち、学習の媒体として、eラーニングを利用しながらも、従来のような学習形態が取ることができれば、それが最も効果的な学習になるのではないかと見ています。
したがって、同一の目的を持った集団における研修や企業での社員研修に用いるのが最も効果がある活用法だということを示唆しています。
例えば、多くの店舗展開をしている事業の場合、集合研修は大変なものになりますが、eラーニングを導入すれば各店舗で同時に研修を受けることができます。同じレベルで同じ目標を持つ仲間がいます。しかし、従来の集合研修と異なり、どこかに集まる時間的、空間的制約はありません。また、研修コストも少なくて済むのも大きなメリットです。
つまり企業の集団研修こそ、eラーニングを効果的に活用できるものであると言えるでしょう。一方で、どのようなeラーニングツールで企業課題が解決できるかはよく検討する必要があります。

導入メリットの多いeラーニングツールを紹介!導入効果が高いツールの特徴

 

 

企業向けの研修にeラーニングを提案しているツールが多く存在しています。一般的な企業研修で利用されているeラーニングツールやクラウドサービスの代表的なものは以下になります。

 

  1.  Cloud Campus (株式会社サイバー大学)

  2.  学びばこ (株式会社テクノカルチャー)

  3.  moodle (株式会社イオマガジン)

  4.  ビジネスの達人モバイル (株式会社イー・コミュニケーションズ)

  5.  ClipLine (ClipLine株式会社)

 

このほかにも、さまざまなツールが存在します。eラーニングの導入を検討している企業は、企業規模や研修の目的、どのような通信情報媒体が有しているかなどで、自らに最もふさわしいものを選定することなります。
例えば「Cloud Campus」は、100人未満の少人数には対応していませんが、受講者数は無制限で、人数が多くなればなるほど一人当たりの費用(端末は別途費用)が安くなる、大企業向けのツールです。基本的な教育プログラムコンテンツもありますが、簡単にコンテンツやテストを作成でき、ユーザーの独自性を活かせるようなツールになっています。また、「ClipLine」は双方向的な学習とマネジメントを可能とするクラウドOJTサービスです。大企業の研修コンテストや集団研修の置き換え、本部で常に現場の助教をチェックしながら、リモートでOJT指導ができるなど画期的な仕組みが注目されており、大企業を中心に7000店舗以上で導入されているツールです。また導入支援からコンテンツの作成までを一括で請け負っているため、ITやクラウドサービスに不安のある企業においてもスムーズな導入が可能です。
最近では、学習や教育の場を提供するのみならず、eラーニングを含めた教育支援とコンサルティングをマッチングさせた新しいサービスを提供しているものもあります。このように、eラーニングを人材教育と利用するだけではなく、総合的に支援して頂けるツールを利用するもの良いでしょう。

eラーニング導入のメリットをさらに高めるのに必要なこととは

eラーニングは、スマートフォンやタブレットの携帯端末が普及した今日では、非常に有効なツールです。導入する側、受講する側ともに、大きなメリットがあるため、今後の企業研修や教育の主軸となっていくことは間違いありません。ビジネスの場においては、お客さまに対して一定のサービスを提供するためには、あるレベルの社員教育が必要不可欠であり、その教育ツールとして、eラーニングの活用が効果的であることは本記事のeラーニングのメリットでよくわかることだと思います。学習効果増大のためにはeラーニング導入は欠かせません。さらにeラーニング導入のメリットを高めるためには正しくeラーニングツールを比較検討した上で、自分たちに合ったツールを探し出して活用することが必要です。

PICKUP