動画学習は学習効果が増大する?業務を覚えるのに効果的な動画マニュアルのメリットを解説

動画学習は学習効果が増大する?業務を覚えるのに効果的な動画マニュアルのメリットを解説
公開日: 最終更新日:

最近注目されている動画学習。みなさんの会社では研修などに利用されていますか?動画学習にはたくさんのメリットがあります。ぜひ取り入れていただきたい学習効率アップのためのコツや、効果的な学習法とともに解説していきます。

Contents

学習手法を考えよう!効率的で効果的な学習方法とは?

何かを学ぶとき、どのような方法で勉強を始めますか?参考書やネット情報などを使った独学、スクールや研修に参加し講義受講、そしてeラーニングや通信講座を利用して学ぶ方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、性格の向き不向きによって継続して勉強できるかが決まってきます。例えば独学やeラーニングを継続する場合は、基礎はある程度知っていたうえで、モチベーションを保ちながら根気強くコツコツ学習することが大切です。それが難しい場合は、講義形式でライブ感のある環境で刺激を受けながら勉強する必要があります。しかし、社会人になるとスクール通学や定期的な研修は、時間に限りがあり困難です。そのため物事を取得する効率性を上げるために、勉強法を厳選しなければいけません。

学習効率を高めるには?学習に必要な3つのポイント

学習効率アップのためには大事なポイントが3つあります。

①目標設定
②アウトプット
③睡眠

まず、①目標設定から解説します。講習内容を作成する側である教師もそれを受ける生徒も、なんのために受けて、それを受ければどのようになるか、イメージを明確にしておく必要があります。例えば、飲食店の研修であればこの研修後には一人でホールに立てるようになる、営業研修であればお客様に商品のスムーズな説明が可能になる、などです。学習を続けていく過程では、「もう嫌だ」「こんなの勉強したって役に立たない」「別のことを学んだ方がいいのではないか」など、モヤモヤした感情が湧き上がることがあります。ある心理学の大学教授の研究では、はっきりとした目標を持つことによって、モヤモヤした感情に打ち勝つことができる、と発表されています。さらに目標を持つことによって、自分は目標に対してまっすぐ進んでいるか、そしてどのへんの位置にいるかを確認することができます。迷う気持ちや葛藤があると、エネルギーを無駄に消費してしまいます。ビジネスの現場では無駄を削減することによって効率性がアップします。無駄をなくすために、学習後のビジョンや目標をはっきりと持つことが大切です。

次に、②アウトプットの重要性を説明します。学習が失敗する原因の一つに、「情報をさらっと読んだだけで学んだ気になっている」ということがあげられます。もちろん知識は大事ですが、それを自分の言葉で表現したり、実際の行動に移したりすることによって初めて自分のものになります。インプットだけではなく、アウトプットも同じくらい重要なのです。ある研究のテストで被験者を2グループに分けて、それぞれ与えられた情報を記憶してもらいました。1つのグループだけには、「この情報を知らない人に伝える」という課題を加え、もう1つのグループにはそれを伝えませんでした。すると「誰かに教えなければいけない」状況下に置かれたグループの方が、そうでないグループよりも暗記力についてよい結果を出しました。このように、アウトプットが前提である学習法を取り入れることによって、より早く記憶することができ、情報が正しく整理されると証明されました。

最後に③睡眠についてです。睡眠の重要性は誰もが知っていることですが、適切に取り入れると学習や作業の効率性がアップします。ある大学の研究によると、被験者にタスクを与えたあと、昼寝をして作業を再開させたところ、昼寝をしなかった被験者に比べて結果がよくなりました。また別の研究では、新しい技能取得後に1晩睡眠を取って翌日にテストを受けた被験者の方が、昼寝だけの被験者に比べてテストの結果がよくなったという結果が出ています。このことから、睡眠と学習効率には深い関係があることがわかります。睡眠不足になると、集中力が落ち、ケアレスミスが増えていきます。寝る間も惜しんで仕事をするのではなく、睡眠を賢く取り入れることにより、生産性がアップしていくのです。

インターリーブ学習法で学習効果アップ!

学習効率アップのためのコツはわかりましたが、次に具体的な学習方法について解説します。それは「インターリーブ」と呼称される勉強法です。これは関連性があるけれども違う事柄を、いくつも同時に学んでいく方法です。多くの人は、1つの事柄に集中して身に着ける方法が正しい勉強法と認識しているかもしれません。これは「ブロック・プラクティス」と呼ばれる反復学習法です。例えばこれを野球の練習に当てはめて考えます。素振りだけを何時間も続けるのが、ブロック・プラクティス。それに対し、素振りだけでなく、ランニング・キャッチボール・守備など、同じ時間に複数の練習を混ぜて行う方法がインターリーブです。ある心理学者によると、インターリーブの学習者の方が、ブロック・プラクティスの学習者に比べて約2倍テストの結果がよいと研究発表しています。新しい情報をインプットするときに、古い情報を関連させながら覚えると、記憶が定着しやすくなるのです。脳にさまざまな角度で刺激を与えることで、気持ちの切り替えが早くなり、情報の記憶力もアップするということを覚えておいてください。

動画学習は文字よりも記憶定着率が2倍?業務マニュアルは動画マニュアルでメリット増大!

次に動画学習や動画学習を行うための動画マニュアルについて説明します。動画学習は、講義受講や本を読むことに比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。ある心理学者によると、文字だけの記憶は1時間後には半分以上忘れていくことがわかりました。また、別の研究所では記憶の定着率について、講義は5%、文字は10%、動画は20%であるという結果が出ました。つまりこの研究によると、動画での研修は講義の4倍、文字の2倍も記憶に残る、ということです。これまで新人研修のために、手間暇をかけて文書マニュアルを作成し、研修講座を開き続けてきた担当者にとっては、これはショッキングな内容かもしれません。動画マニュアルは視覚と聴覚に大きなインパクトを与えるので、研修に採用する企業が増えてきています。

また、動画学習ではインターリーブ効果も望めます。動画内に印象的な映像・音楽・字幕を入れることによって、情報の記憶力アップが見込めます。さらにその内容を周りの人とアウトプットしたり、実践する作業を取り入れたりすることによって、記憶力がさらに高まり学習の効率性が上がります。

ある研究所によると、動画学習を利用した学習者の満足度は80%以上でした。「理解しやすかった」「マイペースに利用できた」「何回も視聴できるから助かる」といった声があげられています。

そのほか、講義内容の質を一定にできるというメリットもあります。研修ルームでの集合研修では、そのときの講師によって教育の質が変わります。一方動画マニュアルでは、誰もが同じ内容を視聴することができるので、質に差が出ることはありません。

学習効率をより高めるには!研修で取り入れるべき動画学習マニュアルの効能

さらに学習効率を高めたい場合は、笑いの要素を取り入れてください。みなさんは「勉強」と聞くとどんなイメージがありますか?真面目な顔をして堅い雰囲気の中で、苦しい思いや辛い思いをしながら勉強している姿を思い浮かべませんか?ある行動科学者の研究によると、ユーモアを取り入れて勉強した子どもたちのグループの方が、そうでないグループよりもよい結果を残しています。最近では、お笑い芸人やタレントが専門的な内容を動画配信しており、勉強中の学生の間で「わかりやすい」と人気を博しています。企業研修で動画を作成する場合でも、ユーモアを取り入れると研修生の印象に残りやすくなります。仕事のための勉強だからといって肩肘をはらず、笑いを入れてリラックスさせることも大切な要素なのです。

動画学習で企業研修効果アップ!いますぐ取り入れるべき動画マニュアルの仕組み

効果的な学習法やコツ、そして動画学習のメリットについて解説してきました。今すぐにでも取り入れられる方法がたくさんあるかと思いますので、参考にしてぜひ学習効率をアップさせましょう。また、企業研修にも動画を積極的に取り入れ、社員のスキルアップにつなげていってください。

PICKUP