【2019年12月】最新eラーニングアプリ徹底比較!!各種サービスの特徴と費用別解説

【2019年12月】最新eラーニングアプリ徹底比較!!各種サービスの特徴と費用別解説
公開日: 最終更新日:

2019年における最新eラーニングアプリの比較をご紹介いたします。現在、開発されている最新のeラーニングアプリは様々な用途、目的に合わせて作られています。その種類や効果は一口にeラーニングアプリと言っても、様々なものがあります。例えば、大規模な集団研修、企業研修など本来はeラーニングと相性のあまりよくないものであっても、最近のテクノロジーを生かしたアプリケーションによって遠隔で行うものも登場しています。集合研修や集合研修において外部講師を招いての講演会を行うためには、講師の費用や講演会の会場代金、またカリキュラムの作成など、研修についてかなりの負担が強いられます。最近は人材不足もさることながら、働き方改革の余波もあり、一度に集団で研修を行う環境を整える余力がないということも多いです。そこで近年多くの企業では、このような企業負担の軽減のためにeラーニングの導入を行ってきています。

Contents

最新eラーニング事情とは?DVD教育とは全く異なる最新のeラーニングアプリ

eラーニングは、一昔前まではDVD教育と同一のものと見なされていました。一方通行の講義を動画で視聴することで、必要な知識を吸収するような受け身の教育とされていました。しかし、昨今はインターネットを利用してコンテンツを視聴し学習することのできるeラーニングアプリが登場しました。このeラーニングアプリでは単なる受け身の学習ではなく、インターネットの特徴を生かし、双方向的な学習ができるという点で、企業や学校、施設などにおいての新人教育をはじめとする社内研修で活用されるようになりました。では、最新のeラーニングアプリやその学習事情はどうなってきているのでしょうか。

一般的に昨今のeラーニングアプリは、学習管理システム(LMS)と教材コンテンツの2つで構成されています。企業担当者、あるいは教育管理者は、eラーニングを使って受講者がどの程度学習しているかという進捗状況の管理を行う必要がありますが、このシステムによって受講者の閲覧状況の確認や学習者の評価などを行うことができます。また、教材コンテンツでは、実際に行われる講演・講義内容を動画コンテンツとして視聴することができるものが多くなっています。

このような事情の中で、場所や時間にとらわれない学習を行えるようにパソコンを利用する学習からスマートフォンを活用した学習へとのニーズから、スマホ向けeラーニングアプリの開発が行われるようになりました。このようなスマホ向けeラーニングアプリでは、企業研修において、受講者がビジネスマナーやコミュニケーションの手法を、各自のスマホを利用して手軽に学ぶことができるというメリットがあります。また、管理者にとっても受講者の学習進捗状況や評価をアプリを通して管理することができ、より手軽な教育が可能となっています。

このように昨今のeラーニングアプリは研修の効率化はもとより、その効果においても集団研修を上回るメリットを生み出しています。人件費の抑制に伴う教育コストの削減が叫ばれる中、eラーニングアプリでは教育コストを向上させることなく、教育効果を高めており、非常に注目されている存在です。

eラーニングアプリを取り入れるメリット!各種eラーニングアプリの特徴と費用

従来のeラーニングにはないインターネットを活用したeラーニングアプリの一般的な特徴やメリットをご紹介します。
1.情報の共有を行うことができる
ユーザー同士で学習内容を共有することが可能です。双方向的な学習により他者の進捗を確認することができ、モチベーションの維持に役立てられます。また、SNSのように他者へコメントや反応を返すことのできる機能もあり、社員同士の結びつきを高められます。

2.学習以外の機能がある
eラーニングアプリでは単なる学習のみならず、現場の管理など人材に関する全ての業務を軽減させる仕組みもあります。例えば遠隔での店舗マネジメントや従業員の管理などマネジメント業務をeラーニングアプリによって代替させることも可能です。

3.教育の質が一定に保たれる
集団研修や現場でのOJTと異なり、人によって教育の質が異なるというような事象が生じにくいのが特徴です。一度教育カリキュラムや動画コンテンツを作成してしまえば一斉に配信し、一定の質の教育を繰り返し行うことが可能です。また絶えず更新することで最新メニューの教育や古いルールの改定などに柔軟な対応が可能となります。

 

ClipLine

多店舗ビジネスを展開している企業に対して、新人教育のコスト削減やスタッフの離職率低下に伴う採用費の低減などを目的に、動画OJTクラウドサービスを提供する。

 

 

 

Smart Boarding

企業独自の教育コンテンツ作成が可能で、コンテンツの作成をスピーディーに対応行うサービス。

 

 

 

スマートスタディ

人材育成のICT化を進める企業に対応できるサービス。

 

 

 

LearnO

自社開発の社内教育のノウハウをそのままITツールに対応できるサービス。

 

 

 

 

playse

独自の教材・教育カリキュラム開発が行われており、顧客のニーズに応じた講習が可能。

 

 

 

 

各種eラーニングサービスの特徴・機能・費用を解説 ※各サービスページを参照

サービス名 特徴 機能 費用
ClipLine
多店舗ビジネスを展開している企業に対して、新人教育のコスト削減やスタッフの離職率低下に伴う採用費の低減などを目的に、動画OJTクラウドサービスを提供する。 スタッフ教育やコミュニケーションスキルの向上などの課題に対して、動画を作成し、タブレットやスマホ、PCにて教育を行う。

問い合わせ

最低数千円〜

Smart Boarding
企業独自の教育コンテンツ作成が可能で、コンテンツの作成をスピーディーに対応行うサービス。 学習コンテンツ作成やその利用が容易にできる。学習管理機能が充実。

問い合わせ

スマートスタディ

人材育成のICT化を進める企業に対応できるサービス。

ドキュメントのアップロードが可能で、ドリル(問題選択)やレポート(添削機能)などの機能が充実。

初期費用

基本機能5,000円

+ビデオ5,000円

+ライブ5,000円

月額利用料

100円/1ID

100円/1ストレージ

LearnO

自社開発の社内教育のノウハウをそのままITツールに対応できるサービス。

動画の取り込みや共有の効率化が特徴的な機能。

月額利用料9,800円~

playse

独自の教材・教育カリキュラム開発が行われており、顧客のニーズに応じた講習が可能。

3000以上の講習が準備されている。

月額利用料15,000円(~30人)

月額利用料500円(31〜500人)

月額利用料300円(1001人以上)

eラーニングアプリの費用対効果とは?

人材教育においては社員教育には一定の投資は必要不可欠と言われています。社員やスタッフに行う教育では、ビジネスシーンにおけるさまざまな研修を行う必要があります。ビジネスマナーをはじめとして、ハラスメント防止、人権教育などのコンプライアンス教育が必須となっている今、管理者が主軸となって行う研修では、単に「研修を行った」という結果だけでは意味がありません。研修を行った後に、これだけの効果があった、あるいは人材教育の質向上により、会社のサービス品質が向上し、結果的に売り上げが向上したということを数値化するなどしてこそ意味があります。

eラーニングアプリを導入することによって、手軽に良質な社員教育を受けられるようにし、学習進捗状況を把握したり、評価を行ったりすることで人材教育を日常業務に負荷のない形で取り入れることができます。日常的に研修を行うことによる社員教育の効果は大いに期待できます。eラーニングアプリはクラウド型のものが多く、初期コストが比較的負担にならない上、教育効果を売り上げの向上に結び付けられることも多く、集団研修に比較して数多くの導入価値があります。また、費用対効果として人件費との比較を考えると計算がしやすいです。人件費は採用費や一人当たりの生産性によって大きく変化するものです。eラーニングアプリやeラーニングサービスを導入することで離職率が下がり、結果的に採用費用が安く済むことが実際の事例によりわかっています。また、教育によって一人当たりの生産性をあげることで、人件費が大幅に下がったというデータもあり、人材教育をeラーニングで行うことによる費用対効果は大きく期待できるものと考えていいでしょう。
手軽に学ぶことができるeラーニングアプリは、サービスの質を高め業績改善効果を期待させるものとなります。

eラーニングアプリの費用対効果は非常に高い

管理者にとっては管理しやすく受講者にとっては、学習者には時間的にも場所的にも制約されずに研修を受けることができるというeラーニングアプリは、費用対効果高いと言えるのではないでしょうか。モチベーションという点でも継続的な学習ができるという点でもeラーニングアプリは大きな利用価値があるでしょう。

PICKUP