eラーニング

5
最終更新日:

企業で研修を行う際のスタンダードになりつつあるeラーニングは、IT技術の進化に伴って学習できる内容も変化しています。
ここでは、eラーニングの歴史を紐解きながら、進化しているeラーニングについてご紹介いたします。

Contents

eラーニングとは?人材育成・企業研修で活用される理由

教育現場で欠かせない存在となってきたeラーニング。eラーニングとは、パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を使い、インターネットを利用した学習法のことです。英語学習・ワードやエクセルなどの練習・プログラミングなど、個人的な勉強のためだけではなく、学校・塾・資格取得スクール・企業研修にも積極的に取り入れられています。従来の学習法といえば、教室や研修所に集まって講師と対面して実施する方法が一般的でした。しかし、eラーニングを用いることで、時間や場所にとらわれず、いつでもどこでも何回でも再生して勉強することができるようになりました。教育コストを削減でき、メールやチャットで連絡を取り合えるというメリットが双方にあり、教育現場に大きな変革を与えています。

eラーニングは研修の代わりになるのか

企業の研修といえば、社員を集めての講義形式やワークショップ形式、資格取得や個人的にスキルアップしたい人向けの通信教育形式が定番でした。

しかし、集合研修はスケジューリングが煩雑なうえ、当日欠席した人のフォローが難しいというデメリットがあります。
通信教育はテキストを読んでテストを解いて郵送して採点をしてもらうのを返送するというやり取りが必要なため、受講状況や進捗確認をするのに時間がかかるというデメリットがありました。
そのような教育研修の歴史の中でインターネットの普及とともに誕生したeラーニングは、集合研修と通信教育のデメリットを解消することができ、幅広く利用されることとなりました。 現在普及しているeラーニングは、様々なものがありますが、特に広まっているインターネットを活用したeラーニングシステムでは、学習管理システムのLMS(Learning Management System)を利用しており、受講者の受講状況や成績、個別の教材配布、ナレッジ共有機能などが搭載されています。
法令の改正により教材の内容が変更になっても、インターネットに常時接続されていることで、すぐに改定ができるようになっており、この柔軟性はeラーニング教材の大きな利点と言えます。
さらに、スマートフォンやタブレットにも対応しているため、ネットワーク環境があれば、思い立った時にすぐに勉強できるメリットがあります。

eラーニングの成り立ち・目的や語源・最新のeラーニングについて解説

eラーニングの始まりと背景・語源・意味は?

eラーニングは、パソコンやインターネットなどさまざまな技術とともに変化を遂げてきました。その始まりは、1950年代のCAI (Computer Aided Instruction) という教育法です。アメリカを中心に世界中でコンピュータを利用して教育支援ができないか、と研究開発が行われていました。CAI以来、CBT (Computer Based Trainin)、WBT (Web Based Traning) と進化を遂げ、現在のeラーニングの形式へと進化していきました。
そもそも、eラーニングとは「electric(電子的)」「Learning(学び)」を合せてできた言葉で、インターネットを利用してパソコンやスマートフォン、タブレットで勉強する方法です。
現代ではインターネットを利用することが一般的ですが、以前はDVDによるeラーニングも数多くありました。

eラーニングの移り変わり。歴史と時代の変遷

eラーニングは1950年代に登場したCAI(Computer Aided InstructionまたはComputer Assisted Instruction)が発展したものです。
CAIは1990年代にパソコンの普及に伴ってCD-ROMを利用したマルチメディア教育のCBT(Computer Based Training)やWEBを利用したWBT(Web- Based Training)へ発展してeラーニングという言葉も誕生しました。
Windows95の普及以降CD-ROMによるeラーニングが主流であったため、eラーニングで学習できる内容はテキストを読んで知識を身につけるビジネスマナーやタイピング練習、Microsoft Officeシリーズの操作を身につけるものが主流でした。
2000年代に入りブロードバンド回線の進化により、高速・大容量通信が実現するとeラーニングもWBTが主流になり学習者と講師がチャットやメールでやり取りを行う、テストを受けるとその場で採点してもらえるようになります。その他にも進捗状況や教材のメンテナンスをWEB上で行えるといったメリットも増えました。

eラーニングの歴史丸わかり!時代背景とeラーニングの関係

 

1995年に世界中でWindows95が発売され、私たちの生活に大きな影響を与えました。それまで専門性の高かったパソコンが手軽に使えるようになり、一般家庭にもパソコンが一気に広まっていったのです。Windows95の中にはCD-ROMドライブが装備されていました。このCD-ROMには音声や画像といったマルチメディアを保存することができたため、あらゆる現場でマルチメディア化が進んでいきました。教育分野においてはマルチメディア教材が作られるようになり、音声や写真、動画を利用しながら学習が可能になりました。コンピュータを用いた学習法であるため、CBT (Computer Based Training) と呼称されました。

 

2000年代に入ると、日本政府がe-Japan構想を打ち出し、紙を用いた旧メディアの電子化が後押しされるようになりました。ちょうどその頃、インターネットがブロードバンド化されるタイミングと重なりました。従来の電話回線とは比べ物にならないくらい、高速で大容量のインターネット接続が可能になっていきました。教育分野では、それまではCBTのCD-ROMが教材でしたが、インターネットのWebを用いた学習法が広まっていき、WBT (Web Based Training)と呼ばれる教育法が台頭していきました。CBTでは、教材に変更があっても修正が難しかったのですが、WBTではメンテナンスをスピーディに入れられるため、いつでも最新の内容の学習が可能になりました。かつてのCBT教材ではCD-ROMの内容を視聴して学習するだけでした。しかしWBTではインターネットでつながっているため、メールやチャットで講師とコミュニケーションを取ることができ、教育環境を向上させることができました。

 

2000年代後半になると、スマートフォンやタブレットの普及が急速に広まりました。eラーニングの現場でも、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットを用いたマルチデバイス対応の学習が当たり前になっていきました。学習用アプリ開発も盛んになり、遊び感覚でeラーニングを楽しめるようになりました。これまでは机の前に座ってパソコンとインターネットを用いたeラーニングが普通でしたが、スマートフォンの普及で移動時間や隙間時間に手軽に学習が可能になりました。かつて企業研修の現場では、社員の教育をするときに大人数を収容できる部屋をおさえ、講師を呼ぶ必要がありました。このスタイルは、研修が一度に終わるため、新入社員の人数が多く、中途社員の人数が少ない時代に適していました。しかし転職が当たり前になった現在は中途社員が多く、少子化も重なって新入社員の人数が以前より減ってきています。中途社員の入社のたびに研修を開いていては、コストがかかります。そこでeラーニングを取り入れると、社員がいつでも研修を受けられコスト削減になります。eラーニングは、時代に合った勉強法であると位置づけることができます。

 

eラーニングの現状と今後はどうなる?最新AIやVRの活用も

2010年にスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスが一般に普及すると、eラーニングもWEBのブラウザだけではなくアプリケーションとして様々なものが出現しました。
さらに、4Gの普及により情報通信できる情報量が大きくなり、動画やライブ学習機能が発達するとともに、今までeラーニングでは学習が難しかった動作を伴う複雑な動作の学習やや語学の発音練習などが可能になりました。
2010年以前にはスマートデバイスでのeラーニングはパソコンでの学習を補助する役割でしたが、現在ではスマートデバイスでの学習が主流になってきています。また、スマートデバイスの学習を前提に、eラーニングのシステムやコンテンツを提供している企業も増えています。

eラーニングにVRを用いた活用事例

また、今後はVRを利用したシチュエーション学習やAIを相手に発音練習ができる教材などが誕生すると予想されます。現在は、「体験学習」と呼ばれる動画やVR (virtual reality/バーチャルリアリティ)を用いたeラーニングの取り組みが行われています。eラーニングを取り入れた飲食店での企業研修の例を挙げて考えてみましょう。接客、配膳、盛り付け、マニュアル、導線、時間管理などの動画教材を作成・配信します。すると、新人研修の時間を短縮でき即戦力アップが期待できるだけでなく、現社員のスキルアップにも役立ちます。研修のための時間調整や場所の確保が不要になり、自分のスマートフォンでいつでも好きなときに動画を見て勉強することができます。これまでは情報漏えいなどセキュリティ上の問題がありましたが、現在は不正ダウンロードを防ぐシステムなどがあり、改善されています。

eラーニングと最新VRで災害トレーニングも

また、VRを用いたeラーニングは、新たな教育法としても注目され始めています。これは専用の機械を装着し、ユーザーの五感を刺激しながらバーチャルの世界を体感するトレーニング法です。例えば、ホテルや飲食店で火事や地震など自然災害が起こった場合など、マニュアルでは「適切に対応すること」と書かれていても実際はパニックになってしまうでしょう。VRでは、普段は再現できないような出来事を、臨場感を持って何度も体験できます。緊急時の訓練をVRで行うことによって、実際に起こったとき冷静な判断ができるような心構えを持つことができます。

eラーニングはAIと相性が良い?今後はビッグデータの活用に期待

 

 

CBTから始まり体験学習にまで発展してきたeラーニングは、今後どのように発展していくのでしょうか。そのカギを握るのが、教育ビッグデータの活用です。教育ビッグデータとは、教育に関連する膨大な量のデータのことです。これを分析・可視化することによって学習環境を改善することができるようになります。例えば、

 

  • eラーニングに何時にログインしたか
  • 一日に何時間、どの時間帯に勉強したか
  • 何ページ分をどれくらいの時間をかけて読んだか
  • デジタルペンやキーボードで何を書いて、何を消したか

 

など、学習者の学習行動に関するデータを蓄積しています。ここから問題点や改善点を洗い出すことで、学習者の学ぶプロセスをサポートします。これまではテストの点数など、結果からしか学習者の学力の分析をすることはできませんでした。しかし教育ビッグデータを用いると、学習方法に直接アドバイスすることができるため、勉強の質がアップすることが期待されます。このような分析方法は、「ラーニング・アナリティクス」と呼ばれています。 eラーニングの誕生から今後の展望について解説しました。Windows95の発売をきっかけにCD-ROMを用いた学習が始まり、さらにインターネットのブロードバンド化によってウェブを通じた学習法が盛んになり、今のeラーニングの形へと進化していきました。そして、VRの利用やビッグデータの活用など今後のさらなる発展にも期待ができます。eラーニングは最新の教育手法であり、今後はますます研修や人材育成で用いられるでしょう。

 

eラーニングのメリットって?導入・運用のポイント

既にeラーニングを企業で導入している人はご存じだと思いますが、eラーニングにはメリットも多い反面、デメリットもあります。ここではeラーニングのメリットとデメリットを順に紹介いたします。

■eラーニングのメリット

  • コストが削減できる
  • 全社員一斉に受講してもらえる
  • 学習機会が増える
  • スピーディーな情報共有
  • ナレッジマネジメントの促進
  • ライブ学習 ・個別にカリキュラムをアレンジ
  • 講師や仲間とコミュニケーションを取れる
  • 優秀な人材の獲得と離職率の低下
  • 教育の品質を統一できる

 

 ・コストが削減できる 

集合研修でかかる交通費や宿泊費、テキストをはじめとした教材費、会場費、運営に携わる人の人件費などがeラーニングにすると導入にかかる費用とイニシャルコストだけで済みます。また、コストについては近年はeラーニングのシステムがクラウド化されて、価格が抑えられているので導入することで教育コストを大幅に下げることができます。
さらに、クラウドeラーニングツールでは、未受講者や不合格者の抽出が簡単に行え、未受講者へ受講を促す一斉メールを自動で送信してくれる機能もあるため、時間的削減も可能になります。

 

 ・全社員一斉に受講してもらえる 

PマークやISO研修など全社員が受講しなければならない研修を、一斉に配信して受講してもらえます。集合研修においては一斉研修を行っても、人によってその理解力は様々で、学習効率は決してよくありません。一方でeラーニングにおいては個人の理解度に合わせて集合研修を行うことができ、集合研修における一斉受講のメリットと理解度を高めるという2つの点を網羅することが可能です。

 

 ・学習機会が増える 

集合研修においては場所の制限がありますが、eラーニングは思い立った時にどこでも学習できるのがメリットです。
そのため、シフト勤務の職種や外勤の多い職種、出向中の社員など集合研修に参加するのが難しい社員にも学習することができます。
また、内定者フォローの一環として内定者に実施している企業も多くあります。

 

 ・スピーディーな情報共有 

前途したようにeラーニングでは教材を簡単に追加、修正できます。
さらに、新規獲の顧客情報や営業の成功事例などの情報もタイムリーに共有できるため、ナレッジを共有することも可能です。

 

 ・ナレッジマネジメントの促進 

ナレッジマネジメントとは知的促進を全社で共有・管理することがあります。
社員の経験や技術、ノウハウを共有することで新しい知識や文化を創ることができます。

 

 ・ライブ学習 

決まった時間にログインすれば遠くで開催している講義への参加や講師とマンツーマンでの授業を受けることが可能です。

 

 ・個別にカリキュラムをアレンジ 

中途採用者向けや出向者向けなどスキルに合せてカリキュラムを選んで提供することができます。
社員のキャリアプランや経営方針に合せて、カリキュラムをアレンジできるのもeラーニングの特徴です。

 

 ・講師や仲間とコミュニケーションを取れる 

eラーニングシステム内のチャット機能で同じカリキュラムを受講している仲間同士で励まし合うことで、eラーニングを継続できます。
また、講師にメールやチャットで質問をして返信をもらうこともできます。

 

 ・優秀な人材の獲得と離職率の低下 

充実した研修で効果的な学習を受ける環境があると、社内でキャリアアップすることが可能になるため、他の企業へキャリアアップを狙った転職をする人を減らすことができます。
また、ポテンシャルの高い人材を青田買いして社内で即戦力に育成することが可能になります。個別のスキルアップ研修をするには莫大なコストと時間がかかりますが、「ClipLine」のようなクラウドOJTツールにおいては、OJTにかかる負担を軽減する一方で、スキルアップの効果を高めることが可能となります。

 

 ・教育の品質を統一できる 

全国に支店がある場合は、各支店で講師による研修を受けると講師のスキルによりバラツキが出ます。しかし、eラーニングであれば全員が同じ教材を受けるので品質を統一することができます。

 

eラーニングのデメリットって?運用注意点とメリットとの比較

■eラーニングのデメリット

  • 受講者の交流がインターネットを介する
  • すべての研修をeラーニングでできない
  • モチベーションの維持が難しい
  • 受講環境の整備が必要
  • LMSやIT関係の知識が必要なものもある
  • 評価をデータに頼ってしまう

 

 ・受講者の交流がインターネットを介する 

集合研修で同期と久しぶりに合う、他の職種の人と交流を深めることができると会社への帰属意識が高まります。
しかし、eラーニングだと交流はチャットやSNSのみなので、繋がり希薄になるとも言われています。一方で、facebookなどのSNSでの交流はリアルな場以上の密接なつながりを生み、ビジネスへの発展に寄与することも多々あります。日々の業務範囲以外での人間関係を増やすことで、会社への帰属意識も高めることができます。特に普段は会うことのできない経営者と現場の社員がやりとりを行えるなど、クラウドeラーニングツールには様々な利点があります。

 

 ・すべての研修をeラーニングでできない 

個別学習の要素が強いeラーニングではチームワークを学ぶ実技的な課題への取り組みやロールプレイングなどの研修を行うことができません。
このような研修を実施する時はeラーニングと集合研修を組み合わせた、ブレンディッド・ラーニングがオススメです。
eラーニングで知識を身につけて、集合研修で実技を行えば知識を身につける時間を実技に当てられるので効率的に研修を実施できます。

 

 ・モチベーションの維持が難しい 

半年や1年の長期継続のeラーニングを継続していくのは難しいものです。
eラーニングは自分からやる気を出さないといけないため、一度「面倒だな」と思ってしまうと続かないものです。
管理者は進捗状況を確認しながら、進捗が遅れている人にフォローを入れてあげる必要があります。

 

 ・受講環境の整備が必要 

自宅でもeラーニングができるようにPCやスマートフォン、タブレットの配布を行ったうえで、情報をもらさないように誓約書にサインしてもらわなければなりません。
また、Wi-Fi環境のない社員が勉強できるように会議室の1つを自習室として利用できるようにするか、CD-RやDVDでも勉強できるような配慮が必要です。

 

 ・LMSやIT関係の知識が必要なものもある 

管理者がデジタル機器に疎いとメリットの享受が少なくなります。
また、数多くあるeラーニングシステムが会社のシステムと相性が悪い、サーバーに負荷がかかる、やろうと思ったことができない、などの不具合が生じることがあります。特にシステムや大規模設備を要するeラーニングシステムは導入にも時間や手間がかかってしまいます。ITへの専門知識がない場合はクラウドサービスなど自社でサーバーが不要なシステムを選ぶと良いでしょう。

 

 ・評価をデータに頼ってしまう 

学習履歴や成績だけに頼って評価をつけてしまい、学習過程に目が向かなくなります。
社員のキャリアプランに沿ったカリキュラムなのか、どのようにeラーニングを利用しているのか、など数字に表われない部分をヒアリングしたうえで評価をつけるようにしましょう。

このようにデメリットは多くありますが、近年登場したクラウドeラーニングシステムでは、デメリットを全てカバーし、最大の経営効果を与えているものもあります。一例として近年急速に普及しているクラウドOJTシステム「ClipLine」では、前述のデメリットを全て補いながら、大きなメリットを与えるツールとして幅広い企業で利用されています。「ClipLine」ではリアルのOJTと同様に疑問点を質問したり、他の社員と交流しながらモチベーションを維持することが可能です。集合研修の代替として幅広い企業で使用されており、現在では7000店舗以上のサービス業を始めとする企業で導入され高い効果を発揮しています。
他のeラーニングツールを導入する企業ではデメリットをカバーしながら、1つでも多くメリットを享受できるように運用する必要がありますが、eラーニングツールを導入するにはITの専門知識や導入においてのハードルが高いこともあります。「ClipLine」のような導入支援とコンテンツ制作も付随し、離職率軽減など高い効果を発揮するツールはぜひ一度導入を検討することをオススメします。

 

eラーニングの導入効果は?導入企業の活用事例

eラーニングのメリット・デメリットを理解したうえで、日本企業においてのeラーニングの事例を紹介します。既存のeラーニングシステムを日本企業がどのように活用しているのかをご紹介します。

キヤノン株式会社

キヤノン株式会社ではeラーニングが普及する以前の1990年春に3つの目的を実現するために、eラーニング実施専門組織を設立しました。
■eラーニング実施専門組織の設立目的
・IT技術者の育成
・個人が進んで学習する風土を作る
・経営課題に密接した情報や研修を必要な時に必要な技術者に迅速に提供する

これらの目的を実現するために、eラーニングでできる研修は集合研修からeラーニングへ移行しました。
また、就業中の手待ち時間にeラーニングに取り組めるようにeラーニングを「業務研修」という位置付けにしたうえで、1単位15分~30分で終るものを選択しています。
これらの取り組みにより毎年100名を超える社員が受講していますが、修了率は毎年100%を維持して、日々新しい知識を得ています。

一般社団法人イオン・ハピコム人材総合研修機構

イオン・ハピコム人材総合研修機構は、全国に5000店舗以上あるドラックストアや調剤薬局で働く高レベルな認定薬剤師を育成する団体です。
認定薬剤師になるためには40単位を、受講開始から4年以内かつ1年に5単位以上を取得しなければなりません。
ドラックストアや調剤薬局は残業が多く、シフト勤務であるため集合研修が難しいうえ、集合研修を1日受けても最大6単位しか取れないため、1度集合研修の機会を逃してしまうと断念してしまいます。
そこで、2017年にeラーニングで認定薬剤師資格が取得できるようにしました。
eラーニングでは、1単位を取得するために解説動画を見て勉強をして、テストボタンを押すと全5問のテストが開始され、このテストで80点以上を取得すると受講完了になります。
このながれを3教科行うと1単位取得できる仕組みになっています。

武田薬品工業株式会社

グローバル化を急速に進める経営方針に伴い、以前はTOEICスコアを重視していたビジネス英語力をビジネスコミュニケーションスキル(BCS)と基礎英語力(EP)を元に評価する「T-scale」という独自の指標を導入しました。
「T-scale」では個別インタビューを通じて「T-scale」上のレベルを元に作成したカルテを作成して、必要なレッスンや自己学習トレーニングをeラーニングで展開しています。
基礎英語はインプット型の学習を、中級者にはアウトプット型の訓練を提供しています。
800名が受講して修了率は90%台と高く、BCSが身につくので英語にふれる機会がない社員も活用しています。

eラーニングを人材育成・研修にオススメする5つ理由

eラーニングは各種メリット、デメリットもありなら、数多くの企業が導入しており、現代の企業研修、教育に必要不可欠なものと言えるでしょう。
ここでeラーニングの導入をオススメする理由を5つにまとめました

  1. eラーニングでできることをeラーニングで行うことで集合研修などが不要となり、コスト削減になる

  2. ブレンディッド・ラーニングで効率的な研修ができる

  3. 内定者フォローにも利用できる

  4. 受講管理が簡単

  5. 社員のキャリアプランに合わせた研修が可能

現在は語学学習もeラーニングで行えるため、eラーニングツールを導入することで社員全体に語学学習を実施することができます。
また、eラーニングと集合研修を組み合わせたブレンディッド・ラーニングを実施すると、知識で身についたことを実技で行うため、効率的に学習することが可能です。
さらに、内定者にビジネスマナーやプログラミング、語学学習などを実施したうえで、eラーニングシステム内で内定者同士がコミュニケーションを取ってもらうと内定辞退や早期離職防止の役に立ちます。
このようにメリットを活かした有効活用をすることで、社員のスキル向上と離職率防止をすることができます。

eラーニングは人材育成のかなめ!導入するために必要なこと

eラーニングはIT技術の進化とともに学べる内容が多くなってきています。また、eラーニングといっても様々なツール、システムが日々生まれており、導入の際にはしっかりと比較検討することが大切です。たとえツール自体のコストが安くとも、効果の低いものでは、既存のマニュアルや集合研修より結果的に高額なコストがかかってしまいます。
しっかりとeラーニングシステムを比較検討し、効果の高いシステムを導入すれば、今までのeラーニングでは教育できないと考え、集合研修で実施していた研修も、eラーニングへ移行できる可能性が大いにあります。
「この研修をeラーニングに移行したい」と思っている研修があれば、ぜひeラーニングシステムやクラウドOJTツール提供会社へ問い合わせしてみると良いでしょう。

PICKUP